歯がない、抜けた、インプラントで治療可能

インプラント

インプラントとは何かを埋めることを意味し、医学界では整形外科の人口関節などの治療で実績があります。
歴史的に人は失った身体の一部を、別のもので補うことを考えてきました。
古い時代では貝殻や動物の骨などを、インプラントとして歯の代わりにしていたと言われています。
以来最近まで、金やサファイアをはじめ鉄やステンレスなどの素材が研究されました。
その中で1952年にスウェーデンの学者が、チタンの板に骨が結合することを発見しました。
そして研究を重ねた結果、安全なインプラント治療が確率されました。

現在インプラント治療では、ほぼ100%の純チタンを使った人口歯根が用いられています。
残存率が低下してしまった歯根の代わりに埋め込んで、その上に差し歯のように歯を作ります。
再び自分の歯が再生されるのと同じで、噛み心地は自分の歯と殆ど同じです。

人の歯は毎日大きな即時荷重が加わり、食事以外でも運動などを安定させます。
歯が抜けてしまうと、他の歯に早期荷重がかかるわけです。
その結果、全体の歯が悪くなる傾向があります。
インプラントで補うことで、そうしたリスクも軽減することが出来ます。
人工の歯根を顎の骨に埋め込むので、実績のある歯科クリニックを選ぶことが大切です。

インプラントは単独構造のため、ブリッジのように両側の歯を削る必要がありません。
仮に両側の歯を失っても、既に入れた人工歯根はメンテナンスや作り直す必要がありません。
一方ブリッジの場合は両隣の歯が悪くなくても、差し歯の土台とするために削る必要があります。
それ故両隣の歯がだめになれば、ブリッジ全体を作り直す必要が出てきます。
場合によっては修復が不可能になるので、総入れ歯になる可能性が高いと言えます。
噛み心地に関してもブリッジは浮いた感じがしますが、インプラントであれば天然の歯と殆どかわりません。

インプラントの治療は保険適用外となるので、費用は全額自己負担となります。
歯科クリニックによって費用は異なりますが、相場としては1本あたり40万円前後です。
最近ではオールオン4という治療法が開発され、挿入する人工歯根の数を最小限に抑えられます。
そのため治療費用を大幅に抑えることができ、身体への負担も少なくて済みます。

手術時間も短縮できるので、体が弱い高齢者でも安心して治療を受けられるわけです。
骨量の残存率が不足している場合でも、人工歯根を傾斜挿入できるので問題ありません。
加えてインプラントは、メンテナンスしやすいのもメリットです。